たのしく暮らそう

大人になってから色々な音楽に出会ったミーハー音楽好きのブログ

今年のライブ初めはShiggy Jr.のツアーファイナル@六本木EX Theaterでした

f:id:risa725:20190217195045j:image 

 

Shiggy Jr.のライブに行ってきました!『DANCE TO THE MUSIC』という昨年リリースしたアルバムタイトルツアーのファイナル公演、東京は六本木EXシアター。

 

ついこの前まで六本木とかいけ好かない街だ、と思っていたけど、帰り道にはなんか六本木好きかも、ふんふん、となれるようなハッピーなライブでした。いくつかの六本木での思い出を考えると確かに楽しかったことが多いしな。そのうち半分はEXシアターでのライブですが。

 

Shiggy Jr.は友人がドラムを叩いているのでインディーの頃からずっと聴いているのですが、ポップでキュートで踊れるハッピーなバンドですね。同世代の中でも格別なキュートを詰め込んだ感じのフレッシュさ。

特にボーカルのいけもこちゃんは声がめちゃんこかわいいし歌も上手。ちなみにそんな胸キュンボイスで胸キュンな感じの曲がとっても多いけれど、曲はほとんどギターの茂幸くんが作ってます。女心わかりすぎてて怖い。ベースの森くんが「どうかしちゃってんだ」で突然ラップを披露し出して始まるコール&レスポンス、難易度高めなのはやはりリズム隊だからなのか?よっ!シギジュニの盛り上げ隊長!

 

「looking for you」良かったなあ。全体的に音が90年代のロックバンドみたいで、その中でいけもこちゃんのキュートな声で歌い上げるサビとか色っぽくてグッと大人感が出てきた感じがした。他にも『DANCE TO THE MUSIC』の曲を聴いていると、歌詞の内容が大人の恋の世界観になった印象があって、キラキラだけじゃないシギジュニになったなと思う。一気に奥行きだしてきた感じ。どの立場でコメントしてんだって感じですねすみません。

 

でもやっぱり「恋したらベイベー」からの「LISTEN TO THE MUSIC」とか楽しくていいよね。ビールでほろ酔いのわたしは泣いてしまったよ。こんなにたくさんの人たちが諸ちゃんのドラムで踊ってるんだもの。もっともっとたくさんの人たちに届くといいね。

 

 

 

【フジロック第一弾アーティスト発表】来年は休み取って渋谷で見守りたい

f:id:risa725:20190208135632j:image

 

先週金曜日に発表されましたね!いろんな方のヘッドライナー予想を見ていたので納得のケミブラ、The Cureは毎年期待している人が多い印象だったので良かったね!という感じ、そしてSIA!嬉しい嬉しい嬉しい!

 

更にはデスキャブ、James Blake、Jason Mraz、Martin Garrix、すごい、まだわたしの知ってる名前出てくる!て感じでした(ミーハーなのでテンション上がったのはここまで)。

 

それにしても生でケミブラ体感できるのは普通に嬉しい!モダンバレエを習っていたのですが、高校生の頃に「Block Rockin' Beats」で振り付けした思い出があります。本物聴いたら泣いちゃうかも。いや泣く曲じゃないんだけどね。

 

The Cureはすんません、ちゃんと聴いたことナイデス。聴いてみますね。「Close to Me」は知ってた!

 

で、SIA、これは想定の範囲外すぎて嬉しい。最近DiorのCMで使われている「Chandelier」とか、よく聴くApple Musicのプレイリスト(ポップヒッツ的なやつとか、花金プレイリストとか)に「Cheap Thrills」「The Greatest」、デヴィッド・ゲッタにfeat.している「Titanium」とかがよく入っていて、人生で初めてSIAかっこいい!声好き!と思ってハマりかけていたので。このタイミングで会えるなんて光栄です。初来日なんだね。確かに来日イメージないわ。43歳だって。ビビる。

昔からよくMTVとかで見ていたけど、中高生の頃とかは癖のある声があまり好きになれなかった記憶があるけど、それがなんかここ最近のアルバムめっちゃ良くないですか??絶妙なハスキーボイス!というポジティブな解釈に変わって、むしろそれがツボで、大人になると本当に好きな音楽の範囲が広がるなと思います(大袈裟)。

 

 

モダンバレエやっていたのでこの感じは理解できる(好きとは言ってない)のですが、土屋太鳳ちゃんの踊りは紅白とか歌番組でたまに見るけど結構好きです。

 

あとデスキャブね!ちょうど金曜の朝、通勤の時にアルバム『Thank You for Today』聴いてたからビックリした。So this is the new year〜のシンガロング大会楽しみね。ホワイトのトリとかかな〜時間かぶりそうで怖い。

 

そしてJason Mrarzと言えば揺るぎない超有名な代表曲「I'm Yours」ですが、これをウクレレで弾き語りしている超かわいい少年の動画が大好きなので載せておきますね。久しぶりに見たけどもうこれ10年前なんだね…そうだよね、当時わたし大学1年生だったもん。oh...

 

 

あと友達に「Lucky」というデュエット曲を一緒に歌おうぜと言われて練習した思い出もある。結局一緒に歌うことはありませんでしたが。懐かしいなあ。

 

 

そしてMartin Garrix!ダンスミュージック系のプレイリストに必ず入ってる人ということで最近よく聴いてるけどフジに来るとは…爆踊り確定!

 

 

この規模感やばくない?ステージでかすぎやしない?照明かっこよくない?花火上がりすぎじゃない?ベルギーすげー!てか96年生まれて!めちゃくちゃ若いなおい。6つ年下の男の子に踊らされる未来しか見えない。

 

てか今回一番テンション上がった2組がSIAとMartin Garrixて!フジロックぽくないけどフジロックで聴けたら(見られたら)最高ですよきっと。2017年のYUKICocco大自然カラオケ状態で楽しかったのと同じ感じ。フジロックがとにかく最強プラットフォームという揺るぎない大前提。

 

ルコックいけめんでお馴染みのJames Blakeもまた来てくれるのねー2016年のときはなんか疲れていてうたた寝してしまったのだけど、新譜良さげなのでめちゃくちゃ楽しみです。

 

何よりすでにチケットを確保している安心感がすごい。楽しみだねえ。

 

 

呑気に始発より少しあとの電車でフジロック早割チケット岩盤店頭販売に並びに行ってきた

f:id:risa725:20190202072331j:image

 

2019年2月2日土曜日、フジロックの出演者第一弾発表が2月8日に行われるとアナウンスがあったその翌日、早割チケットを入手するため岩盤の店頭販売前の整理券配布に並んできました!

 

初めて早割に申し込んだるんるんの投稿はこちら。

 

やっぱり抽選外れたよねの投稿はこちら。

 

始発で向かう予定が、起きたのが始発の時間、池袋には6:20頃に到着。JRの中央改札を出てイケフクロウに向かう途中、冬装備版フジロッカー達(なんか服装でわかるよね、ニット帽、ウィンドブレーカーまたはダウンジャケット、ボディバッグ、折りたたみイス)が既に引換券を持ち、少し疲れた、でも安心したような表情で歩いているのとすれ違います。

P'PARCOに向かうと、想像を超える長蛇の列ができていました。すごいね!噂には聞いていましたけどさすがフジロッカー、体力と行動力と情熱を感じる…!水天宮を超えて折り返したところが最後尾でした。

「最後尾ここです」プレートを後ろの人に回していくスタイル。フジロックでおなじみ、もち豚丼屋さんと一緒ね。スタッフさんから申し込み用紙と注意書きを受け取り、これまた前の人から回ってきたボールペンで申し込み用紙のチケット種類に丸を付け、あとはひたすら並ぶだけ。

 

6:00から整理券配布ということで、列は順調に進んでいきます。しっかり防寒装備をして行ったのであまり寒さは感じませんでしたが、Wheather Newsアプリによると池袋の6時台はマイナス2度。確かにスマホをいじっていると指先が超冷たい(指先が出るタイプのグローブをしていました)。列が半分ほど進んだところで思い出したようにカイロを買い(遅い)、ついでに後ろにどれくらい並んでいるか確認すると約50人。そこからイントロクイズをしているとあれよあれよと前に進み、カイロがしっかり温まる前に受付にたどり着きました。ちょうど8:00。

 

岩盤会員の入会金1,000円を支払い、申し込み用紙を渡すと整理券をホチキス留めしてくれます。私たちは入場券のみ2枚購入だったのですが、整理券No.は「219」「220」でした。通し番号は「521」。ということは確認しただけでも600人は並んでいたのかな?

 

f:id:risa725:20190202094254j:image

 

どうやら私たちの少しあとに売り切れてしまったみたいで、Twitterでは「あと一歩で買えなかった!」という人も見かけました。やはり始発そこそこが分かれ目なのでしょうか。今年は多かったみたい?それにしても通し番号「521」は購入受付の時間が16:30ということで(スタートは11:00)、改めてすごい人数が並んでいたのだなと実感!岩盤スタッフさんも1日中お疲れ様です。

 

無事に整理券をゲットし、安心して池袋で朝食、お茶をしながらヘッドライナー予想をしたりして、一旦帰宅。寝ようと思ったものの30分ほどで目が覚めてしまい、この投稿を書いて過ごしました。

 

 

そうこうしているうちに時間になり、再び池袋へ。PARCO本館でいよいよチケット予約の支払いです。整理番号順に並んで、一人一人レジに案内され、現金で支払い(なかなか持たない諭吉の枚数でそわそわ)、控えのレシートを受け取って終わり。池袋滞在はたったの20分でした。でも、これで3日通し券がかなりお得に買えた!出演者発表前に買った!また3日間行ける!嬉しい!

 

土曜日の始発でならこれからも岩盤並びに行こうかなと思った今年でした。ありがとうございました!並んだみなさんお疲れ様でした!夏に苗場で会いましょう!

 

 

フジロックのヘッドライナー予想とかはできないから今まで見たヘッドライナーを振り返ります

f:id:risa725:20190202101404j:image

 

昨年末からヘッドライナー予想をいろいろ見て回っていますが、いよいよ来週金曜日にフジロック第一弾発表という予告が出ましたね!

 

 

たったこれだけで心臓バクバクしてしまいますね。

 

ということでヘッドライナー予想はできないので(アルバムリリースとか既に発表されている海外フェスとかツアー日程とかチェックはしている)、今まで5回参戦したフジロックで見たヘッドライナーの振り返りをしたいと思います!

 

まずは初参戦の2014年!

Franz Ferdinand

・Arcade Fire

Jack Johnson

 

この年はなんといってもArcade Fireが来るということで念願のフジロック初参戦を果たした思い出深い年です。初めてということでArcade Fire狙いで土曜1日のみだったのですが、とにかくフジロックの全てが楽しくて天気も良くて居心地が良くて最高でした。

実際のArcade Fireのショーはザ・エンターテイメントという感じで、サーカスみたいだなと思った記憶があります。直前までYouTubeで海外フェスの動画で予習しまくっていたので「はいはい、コレね」感もあり、初のフジロック疲労が溜まっていたこともあり(腰がめちゃくちゃ痛かった)、めっちゃ良かったー!というほどテンションは上がらなかったのですが。。旦那(結婚前)は当時Arcade Fireを崇拝していたので感無量だったようです。確かに「Wake Up」大合唱は楽しかった!

 

そして2015年!

Foo Fighters

MUSE

・Noel Gallager's High Flying Birds

 

この年は金土で参加。

フーファイは直前のフェスでボーカルのデイヴ・グロールがステージから落下して脚の骨を折るというハプニングもあり、特別感満載のショーでした!骨折していてどうするんだろう?と思っていたら特注チェアに座って登場!骨折しているとは思えないくらいのアツいステージでした。そして骨折した経緯から特注チェアができるまでのデイヴの漫談がめちゃくちゃ面白くて、そのチャーミングさにより一層の魅力を感じました。めっちゃかわいかった。名曲オンパレードでシンガロング大会でした!

MUSEは2013年のサマソニで見ていたので、その圧倒的ヘッドライナー感はもちろん期待していたのですが、それを遥かに凌駕するパフォーマンスとフジロッカー達の熱気!みんなで"Aye, sir!"と叫びながらどんどんボルテージが上がっていき、本人登場の瞬間に最高潮の盛り上がりを見せたあのオーディエンス感、思い出すだけで泣けてくる。

 

さてさて2016年。

Sigur Rós

Beck

Red Hot Chili Peppers

 

この年も金土参加です。

シガーロスは2012年のサマソニで見たのですが、フジロック、グリーンステージのトリはまた空気感が更に荘厳で圧倒されました。照明?電飾?の演出もめちゃくちゃ美しくて、アイスランドすげーってなりました。知らんけど。神様ってこんな感じかな?て思った。

Beckは正直「Loser」と「Devil's Haircut」しか知らないんだけど、水玉のシャツ可愛かったしステージが大好きなんだろうなというパフォーマンスでたくさん踊らせてくれて楽しかった!

 

さあ2017年!

Gorillaz

Aphex Twin

Björk

 

この年は初めて3日間行ったけど、ヘッドライナーはほぼノールック。3日間の余裕なのか、まあ単純にホワイトのトリが個人的にアツかったという。

金曜日はグリーンのトリ前The xxが良すぎて、そのあとはホワイトのQOTSAおじさんのアツいステージで踊りまくって尽きた!

土曜日はAphex Twinで大学サークル仲間で集合しビールを飲んでちょっと踊って、すぐにホワイトのLCDに行ってしまいました。最近またよく「All My Friends」聴いてるけど、ずっと同じ感じで8分弱も踊らされるの最高だよね。

日曜日はホワイトでもう力の限りMajor Lazerでした。直前まで酔って体調悪くてしんどかったんだけど、踊り出したら超元気出てビールも飲めて永遠に続けこの時間と思うくらい楽しかったです。これは本当にフジロックなのか…?

 

いよいよ2018年!

・N.E.R.D

・Kendrick Lamar

Bob Dylan

 

初めての土日参戦!

ケンドリック・ラマー超ヤバかった!そこそこ期待してたけどまじで規格外でした。どの曲がどうとか、どのパフォーマンスがどうとかぶっちゃけよく覚えてないんだけど、とにかく圧倒されて爆上がりしたことだけはよく覚えてます。リズム感?グルーブ?バイブス?雨上がりの夜のグリーンステージの雰囲気も相まって、後方で見ていたので前のオーディエンスの盛り上がりも含めて、やべえもん見たな、て感じでした。一瞬も目を離せない感覚は生まれて初めてでした。

ボブ・ディランはパスするというゆとり世代、実質トリのVampire Weekendが僕らのヘッドライナー。Vampire Weekendは私がよく聴くようになってからはずっと活動をしていなかったので、ようやくライブが見られて本当に嬉しかった!キラーチューンに次ぐキラーチューンで大変ピースフル。特に「A-Punk」が楽しすぎて、帰ってきてからもずっと苗場を思い出しながら一人で踊ってます。

 

といった感じで5年間のヘッドライナーを振り返りました!今年は誰が来るのでしょうね。もちろん誰が来ても(なんならアクト見なくても)楽しめるフジロックですが、ずっと見たかった!とか、ちょうど見たかった!が当たると嬉しいよね。個人的には近年のヒップホップ枠も楽しみにしているし、ホワイトにもっとヘビー系呼んでくれると更に嬉しいな〜と思ったり。

 

こうして今年も夏が楽しみになってしまうのです。夏苦手なのにね。ありがたいことよ。

 

 

 

フジロック早割チケットの抽選は無事に落選いたしました

f:id:risa725:20190130225151j:image

 

さてさて、意気揚々とフジロック早割チケットに申し込んだ経緯を前回書いたわけですが、見事に落選しましたー!

 

 

まあそうよね、毎年申し込んでるけど全然当たらない!みたいな人もざらにいるので当然なのですが、そこそこ落ち込む。インスタでは当選したよ!ていう投稿見かけました。いいねしましたけど、いいねというよりいいなあ、だよね。

 

あとは土曜日の岩盤に並ぶかどうかというところなのですが、今朝、通勤電車の中で読んだ去年のレポやまとめを見てるとめちゃくちゃしんどそうだなって。。金曜午後くらいから並ぶツワモノも一定数いらっしゃるようで、わたしは行くとしても土曜日の始発かなと思うけど、それで買えるのかしら?間に合うのかしら?

 

でもこのチケットを入手するまですらワクワク!みたいなのがフジロックの素晴らしさだと思います。そこでたくさんのフジロッカーと冬のうちから時間を共有できることも楽しいよね。寒さに耐えて並んで早割チケットをゲットして、フジロック当日も土砂降りの雨の中ビールを飲んで歌って踊って、あれライブ全然観てないなあと思ってもめちゃくちゃ楽しくて、だってそこにいる人みんな生き生きしてるんだもの。

 

早割チケットを買うといくらお得、その分当日ビール飲めますね!みたいなコメントを見て、確かに!と思ってしまったから岩盤行ってみようと思ってます、今のところ。

 

ちなみに去年のフジロックではみんな大好きパンクIPAが飲めたのよ。うんまかったー!

 

あと半年でフジロック!1年間の折り返しになりました。そろそろ誰が来るのか予想も盛り上がってくる頃でしょうか。ちなみに3月に新譜を出すFOALSのツアー日程見たら7月末空いてたよ。来て来て来てー!旦那はずっと呪文のようにMumford & Sons来いって毎年唱えてます。

 

わたしたち夫婦は夏がとても苦手ですが、フジロックのおかげで夏を楽しみにできています。